メニュー

網膜静脈分枝閉塞症(眼底出血)

要因として加齢、高血圧、高脂血症などがあげられます。基本的には経過観察ですが、黄斑に浮腫を起こして視力が低下する場合は、トリアムシノロン(ステロイド)のテノン下注射あるいは血管内皮増殖因子阻害剤の硝子体内注射をします。
毛細血管血管床の広い閉塞や新生血管があるときはレーザー凝固します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME