メニュー

加齢黄斑変性

老化によって(50歳以上)黄斑異常が起こり視力が障害されてきます。前駆病変や萎縮型は眼底検査、網膜断層撮影(OCT)、断層血管撮影(OCTA)などを定期検査を行い、緑黄色野菜の摂取あるいはサプリメントをお勧めしています。滲出型になると脈絡膜新生血管を抑えるために、眼球に注射をします(硝子体注射は近いうちに当院で行う予定ですが、現在は市立病院、時計台病院に依頼しています)。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME