メニュー

コンタクトレンズ

初めての方には目のスクリーニング検査をします。コンタクトレンズは、装用に問題がないかどうかを確認できた方に処方しています。初めての方はテスト装用をお勧めしています。

子どもは自己管理が十分に出来るようになってからの処方となります。臨時の装用はその限りではありませんが、保護者が責任をもって管理する必要があります。

使い捨てレンズの黎明期から各社のレンズを取り扱っており、その経験は連綿と今の職員にも引き継がれています。基本的には酸素透過性の高いクラスをお勧めしていますが、機能と装用感、取り扱いやすさ、遠くと近くのバランス、乱視の強さと方向、費用など重視されることがありましたら、製作範囲内でご相談の上レンズを選択します。アルコン、ジョンソン&ジョンソン、ボシュロム、クーパーなど一流品をお買い求めやすい価格にして取り扱っています。

遠近両用レンズは経験上6割くらいの方は使用できますが、見え方がすっきりしなかったり近くの細かい作業が難しいことがあります。試用してからの作成になります。

カラー(サークル)レンズは非常にトラブルが多かった時代があったのですが、1日使い捨てレンズの出現によって激減しました。角膜の障害は今も見かけることがあります。角膜の輪郭がすっきりするので魅力的になりますが、酸素透過性が低いので装用時間が長くならないように注意が必要です。

円錐角膜は、基本的にメーカー特注のハードコンタクトレンズになります。一部の方は通常のハードレンズやローズKを処方しています。

[ハードコンタクトレンズは、円錐角膜と過去に当院で処方をお受けになった方に限定しており、新規の受け入れは現在中止しています]

[コンタクトレンズは眼科医の処方と定期検査をお受け下さい]

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME